傷のない治療法|膣の緩みを改善する為の治療方法は様々です
女の人

膣の緩みを改善する為の治療方法は様々です

このエントリーをはてなブックマークに追加

傷のない治療法

笑顔のレディ

パートナーとのスキンシップにも影響が出てしまうと言われる膣の緩みは、超音波やレーザーを用いた手術により解決できると言われています。30分で施術が完了し、ダウンタイムもほとんどないということで、安心して受けられると注目されており、対応している医院は増えています。膣の緩みは、膣壁が薄くなっていることが挙げられます。加齢によってコラーゲンやヒアルロン酸が減ってしまい、膣は段々緩んでしまうでしょう。なお、人工的にコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すことも可能であるため、緩みが気になったら専門の医院に相談しておくことが大切です。また、女性医師や女性スタッフが沢山いるクリニックの方が安心でしょう。同性ということで、膣の緩みに関するコンプレックスについて話しやすくなります。待合室を個室にしているクリニックもあるので、他の患者と対面する心配もありません。

超音波やレーザーを用いた膣の緩み治療は、専用の機器を使用します。スティック状であり、360度超音波やレーザーを発してくれ、膣壁を満遍なく治療していくことができます。半年ほど効果を持続するので、緩みの悩みをスッキリ解消できるでしょう。なお、縫合をする方法もあり、半永久的な効果が欲しいという場合にぴったりです。このように膣の緩みを改善する方法は沢山あるため、専門の医師とのカウンセリングを通して、自分にあった最適なプランを見つけていくと良いでしょう。また、電話やメールでも対応しているので、来院前に施術について少し聞くことができます。